うつ病には様々なタイプがあります【現れる症状は千差万別】

背伸びする人

辛い状態は無理をしない

顔を押さえる女性

うつ病の人に見られる典型的な症状が、意欲の低下やマイナスに捉える考え方などです。この症状を理解していれば、早めに気づいていくこともできるので、異変を感じるようであれば疑うべきです。異変に気づいたら、治療を前向きに受けていくようにし、発症前の健康的な状態を取り戻していくことが大切です。

Read More...

うつの治療

医療

うつ病の症状は人によって様々ですが、すぐに安定するものではなく時間をかけてゆっくりと安定します。長期的に治療をしっかり続けていくことで再発予防になります。周りのサポートも大切なので、家族や同僚、会社に常駐している産業保険医の協力も活用します。

Read More...

心の病の基本知識

女医

心の病で注意すべきこと

昨今のストレス社会において、職場や学校での心の病の問題がクローズアップされるようになりました。その中でもうつ病は患者数が多く、誰もが患う可能性を持つことから、うつ病について正しい知識を持つことは現代の日本において不可欠だと言うことができます。うつ病の症状は様々な形で現れますが、前兆・急性期・慢性期と3つにポイントにわけることができます。うつ病の前兆として、よく見られるのが不眠、食欲の減退という症状です。うつ病の初期では気分の落ち込みを中々自覚できませんが、その代わりに眠れなくなる、何も食べる気がしないといった症状が現れ、徐々に客観的にも症状が分かるようになります。不眠や食欲減退が続いたら、早めの診察を心がけましょう。急性期は気分がとても落ち込み、気力が無いという症状が現れます。この時期のポイントは、これらの症状は決して自分の責任であったり、気の持ちようによるものではないということです。そのため、自分自身を責めたりはせず、早めに医療機関を受診することに注意しましょう。慢性期はある程度治療が進んでくると現れる時期で、気分が落ち込むことはあるものの、少しずつ回復に向かっていく時期です。この時期は休息が最も大事で、元気になったと感じても復職や復学は医師と相談して決定することがポイントです。

心の病の今後とは

うつ病は日本において患者が多く、社会問題となっているものの、その研究は日々盛んに行われており、企業などでの理解や取り組みも進んできています。うつ病の症状は心のあり方に問題があると思われがちですが、実際はストレスが脳内物質の分泌に影響を及ぼし、その物質のバランスが乱れることで様々な症状が現れるということが分かっています。そのため、うつ病をはじめとする心の病の研究では、心理学的なものに加え、脳科学的なものが盛んに行われています。うつ病に処方される薬は、脳内物質のバランスを整えるためのものが多く、うつ病発症のメカニズムが脳科学的に解明されていくということは、薬品の改良、治療のしやすさの向上に繋がります。従来のうつ病の治療薬では、眠気や気だるさなどの副作用が出ることが多かったのですが、現在では副作用が弱い薬も多く出ており、薬の種類も豊富で、症状や体質に合わせた処方が可能となってきており、うつ病治療の未来は明るいと言えます。更に、薬価が通常の薬より割安になるジェネリック薬品も数々登場しており、医師と相談のうえジェネリック薬品を使用することができるので、経済的な面でもうつ病治療の環境は日々改善されています。

医師と患者の共同作業

男性

悩みや苦しみは全てのうつ病患者の心の中に宿るものです。それらを吐き出す事でうつ病の症状改善のファーストステップになり、医師とのパートナーシップもまた強固なものになり、そこから最善の治療法が導き出されるのです。

Read More...

闇の自分との付き合い方

下を向く男性

不安や焦燥感、気分の落ち込みなど精神的な不安定さが、代表的なうつ病の症状となっています。日本ではうつ病の患者は他国と比べてもかなり少ないですが、それは受診率の低さも関係しています。病院で治療を受けることは恥ずかしいことではなく、必要なサポートの一つなので早めの治療が大切です。

Read More...